1. ホーム
  2. お役立ちコラム
  3. 業界動向
  4. 施工管理の人手不足は解消できる!9の原因と3つの解決策、事例を解説
施工管理 人手不足

施工管理の人手不足は解消できる!9の原因と3つの解決策、事例を解説

業界動向
人手不足 施工管理

現在、建設業において施工管理の人手不足が深刻化しています。人手不足の問題解決に向けて、業務負担の軽減や業務の効率化を目指す企業担当者も多いのではないでしょうか。

この記事では、施工管理の人手不足に対処する方法について解説します。課題を解消した企業も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

建設業の人手不足が一要素となって生じる2024年問題。2024年問題について、以下で詳しく解説しています。全体像を把握したい方はご覧ください。

関連記事:2024年問題で建設業界がすべきことは?具体的な課題と対応策を解説

施工管理の人手不足が深刻化

施工管理の人手不足が深刻化

建設業では、適切な資格や経験を持つ施工管理者の不足が叫ばれています。施工管理者は、工事全体の状況を把握して、適切に管理・調整を行う責任者です。しかし、建設需要が拡大する一方で、施工管理の人材供給は追いつかない状況が続いており、現場の品質やスケジュール管理への影響も、懸念されています。

建設業の人材状況

現在、施工管理に限らず建設業全体で、人手不足が深刻化しています。原因は、労働人口減少、高齢化、技能労働者の減少、若手就労者の育成不足などです。人手不足により、工期の遅れや品質の低下だけではなく、長時間労働といった労働条件の悪化、それに伴う入職者の減少など、建設業全体の人材状況が課題となっています。

建設業界の人手不足について、全体像を把握した場合は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:建設業界における人手不足の現状

施工管理における9の人手不足要因

建設業の中でも、施工管理において人手不足が生じる9の要因を解説します。

1. 高齢化と退職者の増加

工事の責任者である施工管理者の多くはベテランです。若手が増えるスピードと数に比べ、高齢化の進みは速く、多くの経験豊富な人材が定年退職を迎え、結果的に施工管理者が減少しています。

2. 若手の育成不足

経験豊富な技術者の高齢化が進む一方で、建設業界に入職する若者は年々減少しています。技術を継承する若者が少ないうえに、業界の慢性的な人手不足による忙しさで、教育や育成をするための時間が確保しにくい状況です。

3. 競争激化と労働条件

建設ブームによって、施工管理の人手が必要とされますが、労働条件や給与の関係で離職者が出てしまう可能性があります。高い責任に見合う報酬や労働環境が整わないため、施工管理者の確保が困難になっている企業も存在します。

4. 専門的な技能の要求

施工管理は、専門的な知識や技術が求められるため、適切な人材確保は容易ではありません。技術や知識だけではなく、コミュニケーション能力や安全管理力なども必要です。また、責任の重い立場となるため、要求に応えられる人材が不足しています。

5. 人材流動性の低さ

建設業は人材流動が少なく、終身雇用の風潮が根強いため、若手の施工管理者の給与が上がりにくい現状です。高い技術や責任を求められる施工管理のポジションですが、資格の有無で給与に差がある点も、採用を妨げています。

6. 女性の参入の少なさ

建設業界における女性の比率の低さも、施工管理の人手不足の要因の1つです。人手不足解消のために、多様な人材を確保できるよう、働きやすい環境を整えるといった取り組みが求められています。

7. 労働環境の改善の必要性

施工現場の労働環境や条件の改善を目的に、実際に働きやすい環境を提供するための施策を取り入れる必要があります。適切な労働条件の整備や労働環境の改善が行われなければ、人材確保は難しいでしょう。

8. 継続的な人材確保策の不足

建設業の人材流出や定着率の低下が、施工管理の人手不足を引き起こしてしまいます。キャリアアップの仕組みや資格取得のサポートなど、継続的な人材確保策が不足しているため、資質の高い人材の確保が難しくなります。

9. 海外からの技能実習生の不足

日本の建設業界では、コロナ禍で技能実習生の受け入れが低迷し、人手不足につながりました。コロナ収束に伴い受け入れが期待されますが、受け入れ体制の整備や意思疎通など、新たな問題が浮き彫りになっています。

施工管理の人手不足を解消する3つの方法

施工管理の人手不足を解消する3つの方法

施工管理の人手不足を解消するための方法として、人材確保、人材育成、残業対策の3つが挙げられます。それぞれについて、解決策とともに解説します。

関連記事:働き方改革で施工管理はどう変わる?影響や変わる働き方、対策などを解説

1. 人材確保

施工管理の人手不足を解消するためには、採用の増加と既存人材の流出を防ぐことが求められます。以下は、人材確保につながる取り組みです。

待遇の見直し

待遇の見直しとは、たとえば給与の見直し、社会保険の加入、福利厚生の充実化などです。待遇の見直しをすることによって、雇用への不安が解消され、新しい人材の受け入れ体制の強化につながります。

適正な人材配置

社内の配置転換も、人材確保策の1つです。経験やスキルに応じた配属により、ポジションの適性評価と本人の希望を考慮します。これにより、効率的に施工管理者を確保し、適切な人材配置が可能となります。

イメージの発信

人材確保のためには、魅力的な情報発信によって、建設業のポジティブなイメージを形成することが重要です。実際に、働きやすい環境を整備するとともに、成功事例やキャリアパスを提示することで、施工管理者の確保につなげます。

人材募集の間口拡大

多様な採用媒体の活用も、人材確保には必要です。応募条件の柔軟化や、魅力的な働き方の提供を通じて、幅広い人材を確保します。また、情報発信を充実させ、組織の魅力や働きやすさをアピールすることで、人材獲得につなげていきます。

2. 人材育成

施工管理の人手不足を解消するための方法として、若手の育成も重要です。以下は、人材育成につながる取り組みです。

育成プログラムやカリキュラムの見直し

実践的な研修プログラムの導入や、キャリアパスの明確化を通じて、施工管理者の育成を促進します。研修では、実務に即したスキルや知識が身につけられる育成プログラムを取り入れたり、定期的にカリキュラムを見直したりすることが大切です。また、成長やキャリアアップへの道を示すために、キャリアパスを明確化します。

資格取得の支援

施工管理の国家資格である「建築施工管理技士」は、建築工事の施工管理を担うための専門知識を証明する資格です。合格一時金や資格手当の支給制度を整備するなど、このような資格の取得を積極的にサポートすることで、従業員のモチベーション向上につなげられるでしょう。

3. 残業対策

施工管理の人手不足を解消するにあたって、残業問題は深刻な課題の1つです。以下では、残業問題を解決するための、取り組みについて解説します。

業務の効率化

業務負担を軽減し、残業時間を減らすためには、業務を効率化することが有効です。たとえば、業務フローの見直しを行い、効率的な業務プロセスを構築することで、無駄な時間を削減します。また、IT技術やツールの活用も、業務効率化を効果的に行う方法の1つです。

労働時間の適正管理と柔軟な働き方の促進

適正な工期設定を設けることによって、業務負担が分散され、残業の発生を防止することが可能です。法改正によって労働時間の適正化が必須となるため、労働時間の管理も徹底する必要があります。

施工管理における人材の重要性

ここでは、施工管理の現場において、人材がいかに重要であるかや、今後どのように求められるかについて解説します。

施工管理者の役割と重要性

施工管理者は、建設プロジェクトにおいて、重要な役割を担うポジションの1つです。その役割は、品質管理、安全確保、スケジュール管理、コスト管理、コミュニケーション、調整役など、多岐にわたります。そのため、施工管理者は、現場のスムーズな進行に欠かせない存在といえるでしょう。

施工管理の将来性

都市化やインフラ整備、建物のメンテナンスなどの需要が増加していることから、施工管理の将来性は高いといえます。人間の経験と判断力が不可欠な施工管理においては、AIが業務を完全に代替することは難しいでしょう。そのため、人材を確保するための取り組みは、今後も不可欠であることが予想されます。

施工管理ツールやシステムは人手不足解消の強い味方

施工管理ツールやシステムは人手不足解消の強い味方

人手不足解消に大きく役立つ、施工管理ツールやシステムは、以下のような場面で活用できます。

  • 案件ごとに工程表、資料、写真、報告など必要な情報の一元管理

  • 工程表の更新と共有

  • リアルタイムでの情報伝達

  • 手軽に事務所と現場間の報告業務

  • 必要に応じて紙での出力 など

ツールやシステムで工事データを一元管理することは、人材育成や技術継承にも役立ちます。過去の工事情報にアクセスでき、これまでブラックボックスだったノウハウの蓄積が可能となる点も大きな魅力です。これによって、効率的な業務遂行や知識共有が可能となり、若手の人材育成や人手不足を補えるでしょう。

施工管理をIT化した「ANDPAD」の導入事例

以下では、クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD(アンドパッド)」の活用によって、課題を解消した事例を3つ紹介します。

株式会社ビーライトネオ様

株式会社ビーライトネオは、業務効率化のためにANDPADを導入しました。報告機能の活用によって、現場調査の報告書作成時間が大幅に短縮し、担当者の負担が軽減しました。その結果、全社のサービス品質統一と業務スピード向上に注力することが可能となり、事業成長を加速させています。

参考:EPC・O&M事業の拡大と品質向上をどうやって実現したのか、急成長の理由は「ANDPAD」の積極活用によるDX化

株式会社シントー様

株式会社シントーは、ANDPAD導入により、半日かかっていたCAD作業の時間が、1時間程度に大幅削減されました。また、同社は朝礼や作業中のミス防止のために、工程表の修正や進捗管理を自動化させています。結果として、業務時間の削減と現場改善に大きな効果を発揮しました。デジタル化に苦手意識を抱いていた従業員も、新しい働き方に徐々に適応しています。

参考:残業時間は削減、社員と顧客の満足度は向上 〜Road to DX!改革のカギはANDPAD〜

株式会社グンエイ様

株式会社グンエイは、ANDPAD導入による情報共有や黒板写真管理によって、遠隔地の現場管理を効率化させました。現場とのコミュニケーションが向上し、若手従業員がベテランのノウハウを学びやすくなりました。ANDPADに蓄積されたデータは、会社の財産であり、将来の技術継承につながると考えています。

参考:現場との距離が縮まり、社内のチームワークがより強固に

まとめ

建設業では、施工管理の人手不足が深刻化しています。現場にとって、重要な役割をもつ施工管理者ですが、人口減少や育成不足が主な要因となり、若手人材の確保は困難な状況です。問題解決の方法の1つとして、施工管理ツールやシステムの活用が注目されています。

ANDPAD(アンドパッド)は、シェアNo.1のクラウド型建設プロジェクト管理サービスです。使いやすいUI・UXを実現する開発力により、業種を問わず、数多くの企業・ユーザーに利用されています。年間数千を超える導入説明会を実施するなど、手厚いサポートも特徴です。

ANDPAD(アンドパッド)を活用することで、施工管理の業務効率化だけにとどまらず、技術やノウハウを蓄積することによって「若手の人材育成」も可能となります。施工管理の人手不足を解消する方法の1つとして、ぜひご検討ください。

概要資料3点セット

本資料を通して、「ANDPADのサービス概要」「導入メリット・導入事例」「サポート体制」についてご覧いただけます。

資料をメールで受け取る

【監修】ANDPAD(アンドパッド)

現場の効率化から経営改善まで、建設業界のDX化をワンプラットフォームで実現・サポートするANDPAD(アンドパッド)です。現場管理、経営、法令対応など、建設業界にまつわる様々なお役立ち情報を提供します。

製品に関するお問い合わせはこちら
フォームからお問い合わせ

この記事をシェア
Facebook X hatena LINE

お客様のお悩み・課題に合わせた
活用方法をご提案いたします。

専門のスタッフが課題に合わせて対応いたします。
まずはお問い合わせください。

TEL.03-6831-4551

月〜金 10:00~19:00(祝日・年末年始は除く)