【導入事例】リノベ札幌株式会社様

ANDPAD利用企業様インタビュー:第二弾の今回は、北海道札幌市で中古住宅の購入からリノベーションの設計、そして施工とアフターフォローまで一気通貫で行っているリノベ札幌株式会社様にお邪魔してお話をお伺いしました。
ANDPADの導入を検討されている方で、「運用が上手くいくか心配」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、リノベ札幌株式会社様はメンバー全員が積極的にANDPADを使っています。そんなリノベ札幌株式会社様にANDPADを導入してからの運用をどうやって徹底したのか、そのあたりの秘訣についてお話いただきました。

取材・撮影:藤井哲嗣 記事作成:鎌田洸輝

“「お客様はメール」「現場はANDPAD」という使い分けができた”

画像

藤井:今はANDPADのチャット機能もよく使っていただいていると思うんですけど、元々利用していたチャットツールも並行して使っているんですか?

池田:一部ではまだ使っていますね。ですが、現場はANDPADに特化する形にシフトしました。社内のルール作りとして、「現場でのやりとりはANDPADでしか話さない」ということにしました。そういう周知がないと、結局慣れているメールでやりとりしてしまうのでルールを作りました。それ以外のところ、例えば資金の面や一部のメンバーのタスク管理というところはまだ以前のチャットツールを使っています。

藤井:ありがとうございます。今の話にも繋がるんですが、社内の皆さまへの浸透とかは比較的スムーズにいかれましたか?

池田:初期の段階ではやっぱり皆さん模索しているところがあって、「メールの方がいいんじゃないか」とか「メールに添付して送ったほうが楽じゃないか」とかの声はありました。どうしても使い慣れない部分が最初はあるので、駆け出しは苦労した面もありましたが、「こうしていこう!」というルールを作れば皆さんそこに乗っていくので。

藤井:なるほど。それでは、実際にご導入いただいてからの成果や実際の変化は何かありましたか?

池田:まずメールのやりとりが減りました。お客様からの対応に関してはやはりメールが多いので、そう言う意味では「お客様はメール」「現場はANDPAD」という使い分けができたので、切り替えが非常に楽になったというのは大きいと思います。あとは、現場監督がいつも外出しているため、そういったところのやりとりがANDPADを中心にできたというのも大きいですかね。ANDPADはアプリの機能が充実しているので、プッシュ通知がきてすぐ伝わるというのは、非常に有効活用になっています。

藤井:今までそのあたりはお電話やメールっていうのが多かったですか?

池田:細かいところは電話が多かったのですが、電話は抜ける部分も多いですね。

藤井:そうですよね。ログも残らないですし。

池田:言った言わないを残しておくということも、現場を着実に進める意味では大切ではないかと思います。

藤井:ちなみに社内の皆さんの電話回数が減った実感はありますか?

池田:深い話は電話でしなければならないのですが、ちょっとした確認ごとなどはANDPAD上でできるようになったので電話の回数は減ったように感じます。

お気軽にお問い合わせください

分からないことがあれば、いつでも私たちにお聞きください。
アンドパッドがどのようにお役に立てるかご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ
03-6831-4551
【営業時間】平日 10:00 〜 19:00