【導入事例】リノベ札幌株式会社様

ANDPAD利用企業様インタビュー:第二弾の今回は、北海道札幌市で中古住宅の購入からリノベーションの設計、そして施工とアフターフォローまで一気通貫で行っているリノベ札幌株式会社様にお邪魔してお話をお伺いしました。
ANDPADの導入を検討されている方で、「運用が上手くいくか心配」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、リノベ札幌株式会社様はメンバー全員が積極的にANDPADを使っています。そんなリノベ札幌株式会社様にANDPADを導入してからの運用をどうやって徹底したのか、そのあたりの秘訣についてお話いただきました。

取材・撮影:藤井哲嗣 記事作成:鎌田洸輝

“工程表とチャット機能が案件に紐付いているサービスが今までなかった”

藤井:本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。早速インタビューに入りたいと思いますが、まずは御社の事業内容と池田さんのお仕事の内容を簡単に教えてください。

池田様(以下、池田):弊社はリノベーション事業を行っておりまして、中古住宅の購入のお手伝い、資金計画づくり、リノベーションの設計そして施工まで一貫してお手伝いしています。リノベーションに限らず、新築住宅の設計施工も手がけています。私の業務内容は、社内環境の整備・設備面のサポートや、管理のサポートが大きなところですね。社内のスタッフが仕事しやすいような環境作りをしたり、完成した住宅の撮影をしたり、お客様のご対応など多岐にわたります。

画像

藤井:ありがとうございます。次にANDPADを導入いただいた背景ですが、元々施工周りの情報共有とか資料の保存ですとか、そういったものは元々どうされていたんですか?

池田:元々は、メールでやりとりをしていましたが、メールが大量に届く中で、案件の情報が埋もれてしまい分からなくなることが増えてきました。作業効率が下がっているのでは、という話になり改善策を考え始めていました。別のチャットツールを利用していたんですが、案件毎に管理できるツールはないかなと探していました。そこで知人に紹介していただいたのがANDPADで、試しにテストで使わせていただいた結果、良い感触でしたので採用させていただきました。

藤井:ありがとうございます!でも元々は別のチャットツールを利用されていたんですね。

池田:そうですね、メールとチャットツールの両方を使っていました。ただルール作りが決められておらず、悩んでいました。私は全体の流れを把握しなければいけない立場なので、「中古住宅の決済はいつか」とか「いつ入金になるのか」などをチャットツールで行っていました。ですが現場の方々から見ると、その情報はあまり必要ではない。社内で有効的に活用できない状態が続いていました。施工が始まると今度は逆に私が使わなくなるなど。全体管理と現場を分け、現場に特化したアプリが欲しかったというのがあります。

藤井:なるほど、ありがとうございます。それでは、ANDPADにはどういう期待をされていましたか?こういうことできればいいなとか、特にこの機能を使っていこうというのはありましたか?

池田:工程表は以前からエクセルやスプレッドシートで作ろうと試みたのですが、その後の管理という面で非常に苦労しまして。仕様変更があると、その度に変更を工程表に落として再分配するっていう作業が非常にネックでした。ですが、ANDPADでは直感的に工程表の変更をスムーズに行えるところが面白い、という印象はありましたね。以前からガントチャートだけのサービスを色々試していたのですが、工程表とチャット機能が案件に紐付いているサービスが今までなかったので、すごく新鮮でした。

藤井:では、今までは毎回工程が変わる毎に、エクセルなりスプレッドシートなりを修正して、分配して、変わったら又修正してとやられていたんですね・・・結構な手間ですよね。

池田:そうなんですよね。そこはANDPADを導入して効率化が図れたかなと思います。

お気軽にお問い合わせください

分からないことがあれば、いつでも私たちにお聞きください。
アンドパッドがどのようにお役に立てるかご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ
03-6831-4551
【営業時間】平日 10:00 〜 19:00