【導入事例】株式会社大京リフォーム・デザイン様、株式会社錦様

ANDPAD利用企業様インタビュー:第三弾の今回は、株式会社大京リフォーム・デザイン首都圏事業部リノベーション施工管理課マネージャーの鮎澤様と、その協力工事店である株式会社錦 営業兼現場監督の山上様にお話を伺いました。
元請け会社と協力工事店という関係である両社に、ANDPADをどのようにご活用いただいているのか、そして導入後どのような変化があったのかをお話しいただきました。

“ANDPADで確実かつ速やかな情報共有を実現“

-本日はお忙しい中お時間をいただき誠にありがとうございます。早速ですが、ANDPADを知ったきっかけをお話しいただけますでしょうか。

鮎澤様(以下、鮎):我々は首都圏と大阪、名古屋、広島でリフォーム工事を手がけておりまして、年間5,000件弱の工事を行っています。私共は元請けとして全ての工事をしっかり管理する必要がありますが、どう効率よく工事の状況を把握するか、という課題がずっとありました。何かいいツールはないかと社内で議論になっていた中でANDPADを運営している御社を含め、複数社にヒアリングを行い、それぞれ試した上でANDPADが使い方も非常にシンプルで、一番使い勝手が良さそうだなと感じたのでお声がけさせていただきました。

画像

−ありがとうございます。実際にANDPADをご検討されてからはどのような流れで導入を進められたのでしょうか。

鮎:まずは一ヶ月ほど私一人でトライアルをさせていただきました。その後、去年の四月ぐらいからまずは首都圏の社員に導入いたしました。弊社にはCS推進課という施工管理をしているチームがあります。まずはANDPAD利用のトレーニングを目的に、そのチームから営業担当やその上席に報告を上げてもらうようにしました。そのチームがある程度使えるようになった時点で、次は協力工事店にも導入し、情報共有をANDPAD上で行うようにシフトしていきました。首都圏の社員に利用の幅を広げた2カ月後の、六月ぐらいだったかと思います。錦様(株式会社錦)はじめ何社かに感触を確かめてもらいながら、秋に首都圏の工事店に一斉に導入しました。結果としては、一つ一つ段階を踏んで徐々に導入していったわけです。その後、名古屋、大阪の事業所の社員向けに導入し、来月7月に西日本の工事店に導入することといたしました。

−なるほど。鮎澤さんが導入を検討された時は、ANDPADにどのような期待をされていたのでしょうか。

鮎:大きく二つありました。一つは工事履歴の保管ルールを明確にすること。そして二つ目は工事店との情報共有と報告を円滑にすることです。保管ルールについてですが、ANDPADだと図面や仕様書といった資料が簡単に共有できます。お知らせ先を指定していれば資料を更新した際、相手に通知が届くということも魅力でした。今までは、ご存知の通り電話やメール、FAXで情報共有していましたが、それらの方法には課題がありました。電話は確実性が乏しく履歴が残らない。情報伝達の精度もよいとは言えません。メールやFAXは情報伝達の精度は高いですがスピードに欠きます。ANDPADは確実に、かつ速やかに情報共有ができる点を私は非常に評価しました。
二つ目の情報共有と報告の円滑化には、ANDPADの報告・チャット機能が非常に役に立っています。チャット機能があると、実際現場で何かあった際にもすぐに返信できるのが便利です。リフォームだとどうしても想定外の事象が発生します。ANDPAD上でタイムリーに情報共有ができることで工期遅延を防ぎ、協力工事店からすれば手待ちがなくなり判断も早くできるので、以前よりスムーズに工事ができているんじゃないかと考えています。

お気軽にお問い合わせください

分からないことがあれば、いつでも私たちにお聞きください。
アンドパッドがどのようにお役に立てるかご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ
03-6831-4551
【営業時間】平日 10:00 〜 19:00