【導入事例】株式会社カインズ様

ANDPAD 利用企業様インタビュー: 2017年、株式会社カインズと株式会社オクトは業務提携を行い、ANDPADのカインズ版となるC-clampを開発しました。株式会社カインズ ライフスタイル事業部グループマネージャー 入江賢司様にC-clampの展開について伺いました。

“現場と各店舗がつながっているので、どこからでも共有できる”

2018年、カインズは現場の状況をお施主様とも共有できる新機能「RE:PRE(リブレ)」というサービスを開始しました。「全国展開のお店なので、カインズというブランドを信用していただき、遠方で離れて暮らす家族に、カインズを通じてリフォームをプレゼントするものです。プレゼントする方は、遠方の現場は見に行けない。そのようなときにC-clampを使って現場の写真を共有できます。」 また、今後の展望について入江様は、「C-Crampは、現場と各店舗がつながっているので、どこからでも共有できることが強みであり魅力となっています。今後は、さらに新しい機能を追加していき、効率化を図って工事業者の品質を上げること、そしてお客様の満足につなげたいですね。」と抱負をそう語ります。 C-Clampによって現場と店舗の更なる効率化に加え、お客様への品質向上を図れる。一つのシステムで多くの方に喜ばれるサービスを提供していきたいとのことでした。

画像

お気軽にお問い合わせください

分からないことがあれば、いつでも私たちにお聞きください。
アンドパッドがどのようにお役に立てるかご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ
03-6831-4551
【営業時間】平日 10:00 〜 19:00